投稿

エピソード2 ~運動プログラム編~

イメージ
こんにちは! 日ごとに寒さの増していく今日この頃、いかがお過ごしでしようか? 私は寒くなってくるといろいろな食べ物がおいしく見えてくるので、ちょっとウキウキしちゃいます(笑) 今回のブログの担当はそんなワタクシ、 タカギ になりますのでどうぞよろしくお願い致します。 大好評のワーク花きりんのプログラム紹介、 第 2 弾は 『 運動プログラム 』 をご紹介します!   Q. 運動プログラムとは? ⚽ ワーク花きりんに通所されている利用者さんを対象とした、体を動かすことを目的としたプログラムです。 ⚾ 利用者の皆さんは日頃の運動不足の解消やリフレッシュ、トレーニングのきっかけ作りなどを目標に参加されています。   Q. どんなことをするの? 4月・・・ ストレッチ / ウォーキング 5月 ・・・ ストレッチ / ウォーキング 6月 ・・・ 太極拳 7月 ・・・ ボッチャ 8月 ・・・ ボッチ ャ 9 月 ・・・ ボッチ ャ 10月 ・・・ ロングウォーキング(行船公園) 🎾 今年度は上のような活動をしておりました。 🏀 活動内容は、アンケートによりニーズを伺い、計画させていただいています。 👯 他の活動希望には、 ヨガ・卓球・ご当地体操 など、いろいろございました。 🥎 東京オリンピック・パラリンピック の影響で 「ボッチャ」 が人気でしたので、 3 か月連続で実施しました☆     Q. 場所はどこでやるの? 🏢 簡単なストレッチなどは所内で行いますが、ボッチャやヨガなどのスペースが必要な活動につきましては 「新田コミュニティ会館」集会室 を借りて行います。 「新田コミュニティ会館」 はワークから歩いて 10 分ぐらいの距離ですが、それはそれでいい運動になります♪ 冷暖房完備なので、夏は涼を求めて快適な運動プログラムができました。 ⛰ ウォーキングは短い距離と長い距離のパターンを設けています。 短い距離(ショート)では、新田コミュニティ会館方面を横目に見ながら、 「左近川親水緑道」 を歩いて行きます。 長い距離(ロング)では、行き先を皆さんから募集し、やや遠方まで歩きます。 最近では 「行船公園」 が人気で、片道 30 分ほどかけて歩いています。 コロナ対策により、動物のふれあいコーナーは眺めるだけでしたが ( ‘ ω ’ ) かわい

エピソード0 ~デュランタベースボール参加レポート~

イメージ
こんにちは、ワーク花きりん所長の ヨシカワ です。 今月 2 回目の投稿は、 運動プログラム番外編・デュランタベースボール参加レポート をお伝えします。   11 月 6 日(土)に江戸川区球場主催『えどがわデュランタベースボール大会』に参加してきました。 昨年はコロナの影響で中止となり、 2 年ぶりの開催となりました。 ワーク花きりんでは、清掃作業を通じてここ数年声をかけていただいています。 今回は、利用者の方 4 名、職員 2 名での参加です。   ■えどがわデュランタベースボールとは? ここで、えどがわデュランタベースボールの説明をします。 このゲームは、江戸川区球場発案の野球形式レクリエーションです。 投手なし・接触プレーなし・車イス OK ・打ってすぐ代走あり等のルールで、だれでも・はじめてでも・かんたんに野球を楽しむことが出来ます。   ■ゲームの展開は? 例年通り紅白 2 チームに分かれて試合開始です。 今回は紅チームの一員として、試合に臨みました。 初回から点の取り合いとなり、常に白チームがリードする展開となりました。   ■試合結果は? 終盤の追い上げも実らず、結果は 20-24 で白チームの勝利!! 残念な結果となりましたが、晴天の下とても楽しい時間となりました。 参加した皆さん、お疲れ様でした。   ■参加者の感想 今回が初参加です。打撃専門でしたが3安打打てて楽しくできました。参加できてよかったです。また機会がありましたら参加したいと思います。 (れいち) ヒットが打てると爽快感があり、とても楽しかったです。守備はボールを取ったり投げたりするのが苦手でしたが、良い気分転換になりました。スタッフの皆さん、ありがとうございました。 (とんこつラーメン) 今回初参加です。野球経験があったので、素手でボールをキャッチしにくかったです。ただ、全体の雰囲気も良く楽しく出来ました。 (不動心) 久しぶりの参加です。親しい女性利用者が一緒だったこともあり、いっそう楽しめました。打撃に専念しましたが、こちらもとても楽しかったです。 (ゆきうさぎ)   このブログの最後に、 NPO 法人コラボえどがわの HP をご紹介します。 お問い合わせがある方は、こち

エピソード1 ~パソコン講座編~

イメージ
  こんにちは、ワーク花きりん所長の ヨシカワ です。 今月から連続企画として、当事業所のプログラム活動を紹介したいと思います。 今回は私が担当しているパソコン講座です。   ■パソコン講座で何するの? パソコン講座は、次の方を対象に昨年の 7 月より実施しています。 l   パソコン初心者の方! l   Word 、 Excel の基本操作は覚えたい方! l   就労したい希望が強い方!   これまで 2 シーズンに渡って 15 人の方が参加されており、人気の講座となっています。 * 1 シーズンは半年間です また、パソコン講座は次のステップで進めています。   ①         PC の起動・終了、マウス操作、タイピング、インターネット検索などの基本操作 *   パソコン初心者が対象 ②        タイピングソフトを使用しての入力練習 ③        Knowbe を使用してのオンライン学習   ■オンライン学習の紹介 当事業所のパソコン講座は、 Word 、 Excel などのオンライン学習を中心に実施しています。 一人ひとりのペースに合わせて個別学習ができるので、途中で挫折することなく、 楽しみながら学習を進めることができます。   ここで、 Knowbe・ 就労支援プログラム についてご紹介します。 Knowbe (ノウビー) は株式会社リクルートが開発した就労支援プログラムです。   Knowbe ・就労支援 URL   https://knowbe.jp/function/   「セルフケア」「 PC スキル」「コミュニケーション」などを学べるオンライン学習サービスとなっています。 また、理解度テストなども用意されており、自分自身の進捗具合を確認することができます。 そして、最大の特徴は「お仕事トレーニング」が用意されており実際の仕事現場で学習した内容が、 どのように生かせるかも学ぶことが出来ます。 ■パソコン講座参加者のコメント 今回パソコン講座に参加してよかったのは、色々な仕事の幅がひろがったことです (れいちさん) パソコンの仕事は当初イメージしていたものと、実際のものとでは、大きく違っていて、なかなか難しいものだとわかり

「私でも大丈夫?」利用者から

イメージ
はじめましてこんにちは。 利用者のかなでです。 今回は私が、利用前に疑問に思った点から ワークを紹介させていただきます。   ■作業って難しい? できるか不安   ワーク花きりんでは様々な商品のセット組の作業を行っています。   今回は脱毛剤の作業を紹介します。   まずは化粧箱の穴あけです。仮の跡がついている所を、つまようじの背中の部分で、押し出します。 同時に、箱に傷や破れがないか確認します。   次に、箱の組み立てに入ります。平たい状態の箱を四角く立体に開きます。 底の蓋をし、底を固定する爪を止めれば出来上がりです。   ~少しだけコツがいるのですが、何度か実際にやってみればすぐに覚えられます~   出来上がった箱に商品を揃えて詰める係、きちんと入っているか確認して蓋をする係等々。 どんなに簡単そうな作業も、難しそうな作業も、誰かがやらなくては商品が完成しない大事な作業です。   ~人には得手不得手があるものですから、実際に色々チャレンジをしてみながら、 自分に合った作業を見つけ 新しい事を覚えていけばいいでしょう~   あれ? ここはどうすればいいんだっけ? なんて判らなくなってしまった場合は、職員さんにもう一度 教えてもらえば大丈夫。何度でも教えてもらえますよ。   もしミスしたらどうしよう …… 。 と思うかもしれません。でも大丈夫です。   商品の検品は、複数人により、複数回に分けて行われているので、もしミスが見つかっても 優しく教えてもらえて、次はミスをしないように、と心掛けることができます。   ~落ち着いて自分のペースで作業が進めることができます~   希望者にはセット組みの他に、じっくり物作りが得意な人にはレザークラフト。 デスクワークが好きな人や、 パソコンが得意な人には事務作業。 身体を動かすほうがいいなという人には、月 3 ~ 4 回程、球場等の清掃作業もあります。   ~球場清掃は所内の作業よりも工賃がいいので、 その点でも頑張りたい方にはお勧めです!~   ■続けて通っていけるか自信ない ……   フルで参加できれば文句なしですが、そんな場合、最初は週 3 回から。 作業や所内の雰囲気に慣れたら増やしていきましょう。   実際に通ううちに、体調、メンタル的に『今日は駄目だ』、という日がどうしても、でてくると思います。   そんな時は電

ワークのコロナ対策

イメージ
こんにちは、 ワーク花きりん 所長のヨシカワです。 昨年より新型コロナウイルスの猛威が 私たちの生活に大きな影響を及ぼしています。 ワーク花きりんの利用方法も、この1年で大きな変化がありました。 今回は、これまでの経緯を振り返りながら 、 当事業所の新型コロナウイルス対策の取組みを紹介していきたいと思います。 ■コロナ前 月曜日から金曜日の10:00~16:00で利用可能 繁忙期には残業もあり 定期的に外出やグルメ企画などのイベントも実施 ■緊急事態宣言 昨年の4月7日に出された1回目の緊急事態宣言を受けて、 ワーク花きりんでは以下のように1か月半の期間は在宅支援をしました。 自宅にて選択した課題に取り組む You Tubeでの課題配信 通所日は、オンラインで職員とミニ面談実施 ■コロナ過での通所再開 緊急事態宣言が明けて、昨年6月より以下のルールで全体通所を再開しました。 1日3部制で実施(1部10人以内、1人2時間までの利用制限) 検温・消毒・手洗い等の感染対策を徹底 利用時のマスク着用 ■今年度の取組み 「もっとワークで仕事をしたい!」との希望も多数あり、今年の4月から以下のような体制と活動内容の見直しをしました。 1日2部制で実施(1部15人以内、1人2時間30分までの利用制限) 検温・消毒・手洗い・マスク着用の継続 プログラム活動の充実 就職活動、イベント活動の再開 体験参加の再開(新規利用希望者) 2021年8月20日現在、職員・利用者ともに感染者ゼロで迎えられ、 2回目以降の緊急事態宣言下でも事業所の営業ができました。 感染対策を徹底しながら通所を継続できたことは、 ひとえに皆さんの頑張りだったと言えます。 今後も紆余曲折があると思われますが、 「協働」の精神で日々活動を続けていきます。 今回はワークの『コロナ対策』について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 このブログの最後に、NPO法人コラボえどがわのHPをご紹介します。 お問い合わせがある方は、こちらまでお願いします。 NPO法人コラボえどがわ URL  https://www.collaboedogawa.net/ ワーク花きりん E-mail  work-hanakirin@collaboedogawa.net 最後まで読んでいただきありがとうございました。 次回のブログでお会いしましょ

ワークショップ参加レポート!!

イメージ
こんにちは! そして、初めまして! 今回は入社 4 か月目のタカギが担当いたします。 本日は、ワークショップ参加の報告となりますので、最後までお付き合いよろしくお願いします。   ■ワークショップ in タワーホール船堀 7 月 4 日 ( 日 ) に、タワーホール船堀にて「第 8 回・子どもたちのための芸術ふれあいフェスティバル」にレザークラフトのワークショップで参加してきました。   まずは、今回のワークショップの内容と流れをざっとご紹介致します! ◎定員  1 回 6 組 × 全 5 回  30 組(事前予約制で即完売でした!) ◎内容 レザーマルチケースに刻印で模様付け&三角マルチケースに組み立て <流れ> 1.          受付にてレザーを 2 色からお選びいただきます。       ブルーグリーンとイエローの 2 色☆ブルーグリーンが人気でした! ↓ 2.          席についていただき、ワーク花きりんのスタッフから道具や作業のコツを説明。 ↓ 3.          作業工程の動画をみんなで視聴。(所長・ヨシカワ渾身の力作です) ↓ 4.          作業開始! まずはデザインを鉛筆で型紙に記入していきます。 イメージが固まったら試し打ちようの革に刻印を打ってみます。 打ち慣れたらマルチケース用の革に実際に打っていきます。 ある程度打ったら、三角に組み立ててみて、模様がどんな位置に来るか確認します。 打ち足りない個所を打っていき、三角に組み立てれば、オリジナルの三角マルチケースの出来上がりです!   ■ワークショップ開始 ワークショップが始まると、親子連れが入られ、室内はにぎやかに。 見慣れない道具にわくわくの表情を浮かべる子どもたち。 でも、説明が始まるまでどのお子様も、ちゃんと待たれていました。 Good ! そして、いよいよ作業開始!まずは型紙に思い思いの模様を描いていきます。 おっと?先に試し打ちを始めてしまうお子様もいらっしゃいますね(笑) ハンマー見てると使ってみたくなっちゃいますよね でも、大丈夫です! 作業工程はあくまでも目安です。やってみたいところから始めてみましょう。 型紙に書き終わったら試し打ち → 本番の革への模様打ちです。 お父様やお母様に打ち棒を持ってもらいながらハンマーでカンカン叩く子や、一人で頑張って打

仕事のトリセツ

イメージ
こんにちは、 ワーク花きりん 所長のヨシカワです。 今回は、ワークの仕事の 進め方 について紹介したいと思います。   ワークでは、行政や区内の企業などから受注・受託作業を請け負っています。 主な業務内容は、以下のようになります。 ①商品のセット組  ②事務作業  ③レザークラフト  ④清掃作業 安定して同じ作業内容を提供してきた結果、 ルーチンワーク が必然的に多くなってきました。その中で、メリット・デメリットなど気が付いたポイントがあります。   ■ルーチンワークの 5 つのメリット ルーチンワークには、以下のメリットがありました。 ① マニュアル化・品質の保持 レギュラーの作業を続けられるので、マニュアル化が簡単になります。また、写真やイラストを多用し視覚的にわかりやすい工夫をしています。その結果、一定の品質を保った作業が可能となりました。 ② 業務の効率化ができる 作業工程が決まっているので、業務の効率化をはかることができます。同じ作業内容でしたら、一定の上限はありますが作業時間を短縮することが出来ました。 ③ 作業管理・スケジュール管理がしやすい 作業に要する時間がわかるので、いつまでにどのくらい作業が出来るのか見通しが立てやすくなります。また、スケジュール管理もしやすくなり無理のない範囲で作業を実施することができました。 ④ 黙々と自分のペースで作業ができる 決まった作業を選択できる環境なので、黙々と自分のペースで作業を進めることが出来ました。 ⑤ 体調面・仕事の調整 レギュラーの作業をしているので、作業の出来高やミスの多さなどから利用者のメンタルを含んだ体調面の把握が可能となります。また、どんな状態ならどこまで仕事に参加できるかを利用者・支援者ともに理解することにつながっていきました。   ■ルーチンワークの 3 つのデメリット ルーチンワークには、以下のデメリットがありました。 ① 仕事にあきてしまう 同じ作業が続くことで、仕事にあきてしまう場合がありました。 ② 仕事へのやりがいが薄くなる 変化が乏しいこともあり、達成感や満足感が得にくくなり、仕事へのやりがいが薄くなってしまう場合もありました。 ③ モチベーションの低下 ①②の理由により、作業へのモチベーションが低